洗顔フォーム・
洗顔クリーム・
クレンジング剤の
OEM業者としての
強み

洗顔フォーム・洗顔クリーム・クレンジング剤のOEM業者としての強みをご紹介します。70年以上にわたり1500社以上のお客様に取引いただいてる信頼と実績をはじめ、ワンストップ製造体制における「低コスト・小ロット・短納期」の実現、最高品質の洗顔フォームや洗顔クリーム、クレンジング剤に仕上げる「高い技術力」、お客様の多様なニーズに応え続ける「研究開発の仕組み」など、三鳩化学工業の強みについてご紹介します。

OEM業者として
70年以上の
「信頼と実績」

取引先企業1500社以上の信頼 取引先企業1500社以上の信頼

枠練石鹸を作り続けて70年という年月が経過いたしました。近年では、枠練石鹸で実績を築き上げた三鳩化学工業のもとに、得意先様から「洗顔フォーム、洗顔クリーム、クレンジング剤を三鳩化学工業に依頼したい」とのご要望が多数ありました。

これらのお申し出は、お取引きを開始して数年のお客様や数十年以上にかけてお取り引きさせて頂いているお客様からの強い信頼の証でありまた強い期待だと感じておりました。

三鳩化学工業はこれからもお客様の信頼と期待にお応えできるよう全力で努力して参ります。

ワンストップ
製造体制
による
「低コスト・小ロット・
短納期」の実現

ワンストップ体制
だからできる
メリット

低予算

の実現

小ロット

の実現

短納期

の実現

自社工場の
ワンストップ製造体制に、
こだわる理由とは?

メールや電話でのお問い合わせを頂いてから商品化に至るまでたくさんのステップがあります。

化粧品に熟知した方や資材関係に精通している方にとっては特に苦にならない作業ですが、新規事業としてこれから始める方やお忙しい方には煩雑な作業が負担に感じることがあります。

三鳩化学工業ではそうした方のためにワンストップ製造体制を充実させております。洗顔フォーム、洗顔クリーム、クレンジング剤に使用する原料の手配からバルク製造、充填及びチューブ、ボトル容器の手配からデザインに至るまで、すべての過程を三鳩化学工業は一貫して取り行う体制を整えております。

「受注〜納品」までの
ワンストップ体制の流れ

  • お問い合わせ
  • お打ち合わせ
  • 試作内容の決定
  • 試作のための原料手配(約1週間)
  • 試作(約2週間)
  • 試作品提出/評価(約2週間)
  • 再試作の有無の確認
  • 安定性試験(約1〜2ヶ月)
  • ご注文
  • 容器の手配(デザイン等)
  • 容器の入荷(約2〜5ヶ月)
  • 本製品の原料手配/仕込み
  • バルク充填
  • 検品(品質検索)
  • 出荷

チューブ及び、ボトル容器へのデザインについてデザインのラフ案(モチーフ)は支給して頂きます。その後、デザイン会社へ依頼します。(デザイン費は前金となります。)チューブ及び、ボトル容器の納期についてデザインが確定後、約2〜5ヶ月で納品されます。化粧箱の納期についてデザインが確定後、約3〜4週間で納品されます。

最高品質に仕上げる
「高い技術力」

Slider
最高品質に仕上げる「高い技術力」 イメージ1
最高品質に仕上げる「高い技術力」 イメージ2

洗顔フォーム・
洗顔クリーム・
クレンジング剤を
最高品質に仕上げる
三鳩化学工業の
高い技術力とは?

三鳩化学工業には、配合実績のない原料をお客様が希望された場合でも柔軟に対応できるだけの技術力があります。実績のない原料を配合する場合、OEMメーカーとしては品質保証の観点からどうしても躊躇してしまうことがあります。特に大手企業の場合は実績のない原料の配合には否定的になりがちです。

しかし三鳩化学工業では実績がなくても配合できる可能性が少しでもあれば前向きに研究し実行するだけの技術力があります。洗顔フォーム、洗顔クリーム、クレンジング剤のような液体(ペースト状)化粧品の場合は、特に菌の発生や沈殿、凝集、分離などを防ぐために新たな研究が必要となります。

三鳩化学工業はお客様のご要望にできる限り近づけるための研究意欲と高い技術力があると確信しています。

三鳩化学工業の
こだわりとは?

研究開発を行う熱意は、OEMメーカーにとって生存競争で生き抜くための必要不可欠なモチベーションです。

他社よりも、より良いものを開発することがお客様へのアピールでありお客様が望んでいることだと考えています。三鳩化学工業では、常にお客様のどのようなご要望にも瞬時にお応えできるよう研究開発には力を入れております。

お客様のニーズに
応え続ける
「研究開発の仕組み」

三鳩化学工業の最先端の「研究開発」とは?

三鳩化学工業の最先端の「研究開発」とは?

洗顔フォーム、洗顔クリーム、クレンジング剤を研究開発する上で一番に
考えることはお客様がどういった商品をお求めになるかです。

泡立ちや保湿、機能性を重視する方や、その時々の流行に合わせた商品を希望される方など千差万別です。三鳩化学工業ではどのようなお客様のご要望にも瞬時に対応できるよう日々研究開発に取り組んでおります。

三鳩化学工業には現在、洗顔フォームは1種類(+その他)、洗顔クリームは4種類、クレンジング剤については3種類の処方があります。

その中でも特に洗顔用アイテムの好みは顕著に分かれます。その要因として考えられるのは、顔の皮膚がデリケートなうえ人それぞれ肌質の違いによるところが大きく、さらには泡へのこだわりや洗顔後のテクスチャーとしてサッパリ感やしっとり感など好みの違いがあげられます。

クレンジング剤についてもメイクの濃さや使用しているメイクアップ用品などによって使い分けしなければいけません。OEM製造での商品化をお考えのお客様に対してはヒアリングを重ね複数ある選択肢(処方)の中からよりコンセプトに適したものをご提案させて頂きます。

「研究開発」の流れ

  • 市場調査

  • 処方開発

  • 配合原料の選定

  • 安定性試験

  • (モニタリング)
    試作品評価

  • 処方決定

洗顔フォーム·洗顔クリーム・クレンジング剤の
「研究開発」における重要ポイント!

  • POINT01

    人体への安全性
  • POINT02

    分離·凝集などのバルク安定性
  • POINT03

    菌などの発生防止
  • POINT04

    使用感評価(カサつき、刺激等)
  • POINT05

    泡立ち、泡の細かさ
  • POINT06

    洗い流し時の泡切れ
  • POINT07

    バルク粘度(粘性)
  • POINT08

    温度(環境)によるバルク安定性
  • POINT09

    基材臭
  • POINT10

    経時変化

「洗顔フォーム・洗顔クリーム・クレンジング剤のOEM製造」
ページ
に戻る