ボディソープ・
ハンドソープ
OEM業者としての
強み

ボディソープ・ハンドソープのOEM業者としての強みをご紹介します。70年以上にわたり1500社以上のお客様に取引いただいてる信頼と実績をはじめ、ワンストップ製造体制における「低コスト・小ロット・短納期」の実現、最高品質のボディソープやハンドソープに仕上げる「高い技術力」、お客様の多様なニーズに応え続ける「研究開発の仕組み」など、三鳩化学工業の強みについてご紹介します。

OEM業者として
70年以上の
「信頼と実績」

取引先企業1500社以上の信頼 取引先企業1500社以上の信頼

スキンケア用の洗浄剤で泡立ちや泡の細かさ、洗い流すときの泡切れなど70年以上も追求しこの分野のみ研究開発を行い処方を組み立てて来た製造メーカーは数少ないと思います。

昨今ではクリーミーでホイップな泡が善とされがちですが、石鹸の良し悪しはそれだけではありません。泡立ちが良くクリーミーな泡の石鹸は、高級脂肪酸の割合が高いため洗浄力が強くなりがちです。逆に泡の大きな石鹸は、高級脂肪酸の割合が少ないため洗浄力が弱くお肌に優しい石鹸となります。

これらのことは経験を多く積み実績を上げた製造メーカーにしか分からない領域です。三鳩化学工業では、ボディソープ、ハンドソープを製造するにあたって泡質だけにこだわらず使用感も含めてご提案することでお客様からの信頼に繋がると考えております。

ワンストップ
製造体制による
「低コスト・小ロット・
短納期」の実現

ワンストップ体制
だからできる
メリット

低予算

の実現

小ロット

の実現

短納期

の実現

自社工場の
ワンストップ製造体制に、
こだわる理由とは?

三鳩化学工業では、訴求原料を手配するための原料商社や香料メーカー、印刷会社などの協力会社が多数ありますので、ほとんどすべてのものを弊社で揃えることが可能です。お客様のご要望に出来る限りお応えするためのサポートや商品を製造し完成させ指定倉庫への搬入に至るまでトータルで対応できるワンストップ体制を充実させることでお客様の負担を軽減できればと考えています。

「受注〜納品」までの
ワンストップ体制の流れ

  • お問い合わせ
  • お打ち合わせ
  • 試作内容の決定
  • 試作のための原料手配(約1週間)
  • 試作(約2週間)
  • 試作品提出/評価(約2週間)
  • 再試作の有無の確認
  • 安定性試験(約1〜2ヶ月)
  • ご注文
  • 容器の手配(デザイン等)
  • 容器の入荷(約2〜5ヶ月)
  • 本製品の原料手配/仕込み
  • バルク充填
  • 検品(品質検索)
  • 出荷

ボトル容器へのデザインについてデザインのラフ案(モチーフ)は支給して頂きます。その後、デザイン会社へ依頼します。(デザイン費は前金となります。)ボトル容器の納期についてデザインが確定後、約2~5ヶ月で納品されます。(ボトル容器代は前金となります。)ボトル容器のシュリンク包装についてシュリンク包装する場合、ボトル容器の形状及びサイズ等に指定(限度)があります。(シュリンク包装する場合、別途費用が掛かります。)

最高品質に仕上げる
「高い技術力」

Slider
最高品質に仕上げる「高い技術力」 イメージ1
最高品質に仕上げる「高い技術力」 イメージ2

ボディソープ・
ハンドソープを
最高品質に仕上げる
三鳩化学工業の
高い技術力とは?

ボディソープ、ハンドソープを製造する上で着目すべき点は、泡立ちや泡の細かさそして何よりも泡切れの良さです。洗浄成分を合成界面活性剤のみで出来た製品は泡立ちや泡の細かさに不満があったり泡のヌメリを落とすのに時間が掛かりストレスになることがあります。

これらを改善するには、洗浄成分に石ケン素地を使用する技術が必要となります。泡立ちや泡の細かさ泡切れの良さを左右するのはこの石ケン素地の使い方によるところが大きく各社それぞれ独自開発を行っております。

スキンケア用の洗浄剤に特化した三鳩化学工業は、この石ケン素地の使い方を熟知しておりますのでその技術力により最適な処方を開発し製造販売を行っています。

三鳩化学工業の
こだわりとは?

技術力を向上させるには、既成概念からの脱却が出来るかどうかだと考えています。思い込みや自己満足、そして積み上げられた経験に頼った研究開発だけでは進展はあっても大きな進歩はありません。三鳩化学工業の研究開発チームは、そうした既成概念にとらわれず常に新たな発見を模索しながら研究開発を行っています。

お客様のニーズに
応え続ける
「研究開発の仕組み」

三鳩化学工業の最先端の「研究開発」とは?

三鳩化学工業の最先端の「研究開発」とは?

ボディソープ、ハンドソープは、特に好みの分かれるアイテムですので
出来る限り処方を多く完成させ、お客様の満足いく商品をご提案できればと考えています。

OEMメーカーにとってお客様の満足いく商品を作らなければいけないという使命感は、数あるOEMメーカーの共通認識ですが、お客様からのご要望も日ごとに繊細になり期待も大きくなって来ております。

OEM製造会社としての強みは、豊富な選択肢(処方)があるかどうかだと考えています。現在、ご提案できるボディソープは3種類、ハンドソープは4種類の処方があります。

特にボディソープですが、一般的に対比するとき泡質のタイプや洗い上がりのテクスチャーのみを判断基準とされがちですが、三鳩化学工業ではさらに泡切れ(洗い流してるときのヌメリ)の重要性に着目しております。商品化をお考えのお客様にはこれらの基準を満たした処方の中からご提案させて頂きます。

「研究開発」の流れ

  • 市場調査

  • 処方開発

  • 配合原料の選定

  • 安定性試験

  • (モニタリング)
    試作品評価

  • 処方決定

ボディソープ・ハンドソープの「研究開発」に
おける重要ポイント!

  • POINT01

    人体への安全性
  • POINT02

    分離・凝集などのバルク安定性
  • POINT03

    菌などの発生防止
  • POINT04

    使用感評価(カサつき、刺激等)
  • POINT05

    泡立ち、泡の細かさ
  • POINT06

    洗い流し時の泡切れ
  • POINT07

    バルク粘度(粘性)
  • POINT08

    温度(環境)によるバルク安定性
  • POINT09

    基材臭
  • POINT10

    経時変化

「ボディソープ・ハンドソープのOEM製造」
ページ
に戻る